廃棄物焼却施設の余熱等を有効利用したい
廃棄物焼却施設の余熱等を利用した地域低炭素化モデル事業
  • フェーズ :
  • 設備導入
  • 実証・モデル事業
  • 調査
  • 研究開発・その他
  • 電源 :
  • 太陽光
  • 風力
  • 地熱
  • 中小水力
  • バイオマス
  • その他(再エネ熱、蓄電池、送電線等)
廃棄物焼却施設からの余熱や発電した電気を地域において有効活用するため、余熱見込量や事業採算性の検討を行う実現可能性調査を行います。また、地域の需要施設に供給するための付帯設備(熱導管、電力自営線、熱交換器、受電設備等)及び需要施設(余熱等を廃棄物処理業者自らが利用する場合に限る。)への補助を行います。
  • ■ 対象者
    地方公共団体又は民間団体(廃棄物処理業者)
  • ■ 支援内容
    1. 実現可能性調査事業:定額補助
    2. 設備等導入補助事業:補助対象経費の1/ 2補助
    ※固定価格買取制度との併用可
    ※グリーン投資減税との併用可(補助対象設備以外に限る)
    ※省エネルギー投資促進に向けた支援補助金との併用可
  • ■ 対象となる再生可能エネルギー等の種類
    バイオマス発電、再エネ熱
  • ■ 事業年数
    単年度
  • ■ 利用方法
    補助事業の公募を環境省のHPに掲載します。公募要領等に従い、必要書類を提出してください。
  • 問い合わせ先:
    環境省 廃棄物・リサイクル対策部 廃棄物対策課調査係
    TEL:03-3581-3351(内線6803)