バイオマスエネルギーによる経済的に自立したシステムを構築したい
バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業
  • フェーズ :
  • 設備導入
  • 実証・モデル事業
  • 調査
  • 研究開発・その他
  • 電源 :
  • 太陽光
  • 風力
  • 地熱
  • 中小水力
  • バイオマス
  • その他(再エネ熱、蓄電池、送電線等)
バイオマスエネルギーの利用拡大を推進するためには、熱利用等を有効に図り効率よく運用するとともに、地域の特性を活かした最適なシステム化が必要です。このために、NEDOで策定する技術指針、導入要件にもとづき、地域自立システムの事業性評価(FS)及び実証を行います。
  • ■ 対象者
    地方公共団体及び企業(団体等を含む)、大学等
  • ■ 支援内容
    事業性評価(FS):100%
    実証事業:2/3 以内
  • ■ 対象となる再生可能エネルギー等の種類
    バイオマス発電、バイオマス熱利用、バイオマス燃料製造
  • ■ 事業年数
    平成26年度〜平成32年度
  • ■ 利用方法
    府省共通研究開発管理システム(e-Rad)に提案内容等をご登録ください。
    詳細については、各機関にお問い合わせください。
  • 問い合わせ先:
    国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
    http://www.nedo.go.jp/
    TEL:044-520-5271