国の支援施策活用事例集
国による施策を活用した再生可能エネルギー事業の事業概要、施策の活用内容について具体的な事例を紹介しています。
事例 15
地域循環型木質バイオマス発電及び木質ペレット製造の高効率エネルギー事業
森林整備加速化・林業再生対策を活用した事業化事例
「森林整備加速化・林業再生対策」を活用
写真 1
写真 2
■ 事業及び発電設備の概要
高知工科大学発の環境ベンチャー企業「株式会社グリーン・エネルギー研究所」が平成27年1月に発電を開始した定格発電出力6,500kW、計画発電量約4,500万kWhの木質バイオマス発電所。平成16年頃、ハウス園芸の盛んな芸西村から、重油価格高騰対策として木質バイオマス研究の相談が地元民間事業者にあった。高知工科大学はこの民間事業者によるハウス用木質ペレットヒーターの研究開発事業に参画。これも契機となって、木質ペレットの県内需要は年間5~6千tにまで高まった。ペレット需要が育ち、供給体制をさらに構築しようとベンチャー企業を設立。ペレット製造事業の検討を開始したが、伐採の現場や製材所などで放棄または廃棄されてきた間伐材等の後処理問題がネックとなり、ペレット生産単体での事業化は容易ではなかった。その折、固定価格買取制度(FIT)が施行されたため、ここでペレット原料にそぐわなかった枝葉等の木質資源とFITを活用した発電事業を両立させることで、豊富な森林資源を活用した地産地消の産業構築の展望が拓けた。大学発ベンチャーの利を活かし、研究活動成果を社会に実装する形で地元地域の持続的発展に寄与している。
■ PDFデータ・ダウンロード
詳細情報は以下よりご覧いただけます。