国の支援施策活用事例集
国による施策を活用した再生可能エネルギー事業の事業概要、施策の活用内容について具体的な事例を紹介しています。
事例 3
社会福祉法人における独立型太陽光発電
施設内消費電力として使用するための太陽光発電設備導入事例
「独立型再生可能エネルギー発電システム等対策費補助金」を活用
写真 1
写真 2
■ 事業及び発電設備の概要
社会福祉法人拓心会は、介護保険事業、障害者(児)自立支援事業、公益事業(住宅型有料老人ホーム)などの福祉サービスの提供を行っている。当法人の敷地内には、5つの施設が点在しており、1日あたり、平均87人の入居者及び平均120人の通所者が施設を利用している。各施設内で必要となるエネルギーの供給は、化石燃料の使用や電力会社からの購入による部分が大きいが、木質ペレットボイラーの導入など再生可能エネルギーの活用にも積極的に取り組んでいる。
本事業においては、5つの施設の建物の屋根部分に合計731枚の太陽光パネルを設置し、施設内消費電力の一部として使用することを予定している。
太陽電池モジュール公称最大出力 181.2 kW
パワーコンディショナー定格出力 165kW
年間想定発電電力量 178,750kWh/年
写真 3
■ PDFデータ・ダウンロード
詳細情報は以下よりご覧いただけます。