国の支援施策活用事例集
国による施策を活用した再生可能エネルギー事業の事業概要、施策の活用内容について具体的な事例を紹介しています。
事例 1
地域分散型太陽光発電事業
グリーンファンドからの出資を活用した事業化事例
環境省「地域低炭素投資促進ファンド事業」を活用
写真 1
写真 2
■ 事業及び発電設備の概要
福島県会津地域において、合計出力1,450kWの太陽光発電設備を導入した。地域別内訳は、喜多方市岩月町に300kW、他の会津地域内に20ヶ所で計1,150kWである。事業主体は、会津電力や一般社団法人グリーンファイナンス推進機構等が出資し、平成25年12月に設立された「アイパワーセット株式会社」(SPC)である。(この他、会津電力単独で実施している太陽光発電事業分を含めると、合計2.54MWの出力となる。)
上記岩月町の設備(300kW)及び地域分散型設備20ヶ所の内1つは、平成26年4月1日より建設が開始された。その後、毎月数ヶ所ずつ建設が開始され、9ヶ月後に、20ヶ所全ての建設が完了し売電が開始されている。
また、平成26年3月28日~平成26年9月30日の間、同事業の資金の一部を得るため、市民ファンド(「会津ソーラー市民ファンド2014」)を募集し、9980万円(20万円×499口)の出資を得た。
写真 3
■ PDFデータ・ダウンロード
詳細情報は以下よりご覧いただけます。