国の支援施策活用事例集
国による施策を活用した再生可能エネルギー事業の事業概要、施策の活用内容について具体的な事例を紹介しています。
事例 21
津波避難ビルにおける太陽光発電設備の導入
省エネと非常用電源確保による地域貢献事例(「再生可能エネルギー事業支援ガイドブック(平成28年度版)」)
「低炭素価値向上に向けた社会システム構築支援基金」を活用
写真 1
写真 2
■ 事業及び発電設備の概要
大興水産㈱は、地域の近隣に安全な避難場所が必要であると考え、新社屋・加工施設を津波避難ビルとして機能するように設計・建設し、石巻市から津波避難ビル第1号の認定を受けた。
ビルにある太陽光発電設備は40kWの発電があり、通常社内の照明、OA機器、温水器などの省エネとして利用されている。また、太陽光発電設備に連結して、リチウム蓄電池も設置しており、停電の際も10kWの電力を使用することができ、これは非常用電源として機能する。今後は、エネルギー管理システム(BEMS)、太陽光発電設備、高効率冷凍機等の省エネルギー設備を導入し、環境への負荷の低減を図る。
写真 3
■ PDFデータ・ダウンロード
詳細情報は以下よりご覧いただけます。